負けない対策

予期不安と過敏性腸症候群

予期不安とは

過敏性腸症候群の場合だと、過去に電車の中や職場などで急にお腹が痛くなりその際にパニックを起こしてしまい、その経験が引き金になり次電車に乗る場合や職場の会議などの際にその経験(この前みたいにお腹が痛くなるのではないか...という不安)を思い出してまたパニックを起こしてしまうという症状。

私の場合は、トイレなしの長距離バスは絶対にアウト。タクシーや車の車内でもトイレの事が頭に浮かんできます。それと飛行機の離着陸時の30分前後の時間。この期間は緊張感が増します。乗る前には色々なことを考えてしまうので薬を飲んだり、ご飯を食べないなどの準備や対策が必要です。

まず病院や行こう

日本人の5人に1人は過敏性腸症候群ではないかと言われている時代です。現代の生活ではなにかとストレスが多く、気づかないうちに過敏性腸症候群になっていたりする人がいます。お腹の調子が悪い場合はすぐに病院へ行き病状を把握するのがよいと思います。過敏性腸症候群ではない場合もあるので早期にお医者さんにみてもらう事をおすすめします。

予期不安への対策

対策1 リーゼを飲む

https://kabin.biz/2019/05/01/過敏性腸症候群に負けない対策〜その2/

以前の記事で書いたリーゼ5mgは不安の症状を和らげてくれるためスゴく効果的手段だと思います。特に乗り物に乗る時などにいいと思います。

使用の際には医師に必ず相談してください。

対策2 イリボーを飲む

https://kabin.biz/2019/04/30/続けて飲んでいる薬〜その1/

イリボーについても以前の記事に書きましたが、イリボーを飲んだ後の気持ちの安心感はとても大きく、トイレに簡単に行けない状況でイリボーを飲んでいると本当に安心します。下痢型の私には強い味方です。

使用の際には医師に必ず相談してください。

対策3 他の事を考えて気をそらす

この方法には練習が必要です。私はこの方法のために何回か練習をしました。わざと自分がお腹が痛くなりそうな場所や事をして、その時に他の事を考え気をそらす行為を意識的に行いました。例えば、飛行機に乗る時には離陸時の30分間トイレには行けません。その時に自分の好きな映画をiphoneにダウンロードしておきその映画に集中してトイレの事から気をそらしました。音楽を聴くだけも試しましたが、映画の方が視覚と聴覚のつの感覚を使うのでほとんどの場合気をそらすことができました。ゲームなども有効な方法だと思います。

まとめ

予期不安への対策は薬を飲んだり意識療法など色々な対策ができるのではないかと思います。まずは自分の状況をしり対策を立てるといいと思います。かならず自分に合った対策が見つかると思います。そして症状を少しでも和らげて笑顔で外出をしましょう。

-負けない対策

Copyright© 過敏性腸症候群に負けない生活 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.