未分類

環境を変える

環境を変える

数年前ある胃腸内科を受診した際、医師との会話の中で「環境を変えると症状が改善するかもよ」と言われた。正直最初は無責任な発言だなと思った。環境を変えることはそんなに簡単なことではないと想像したからだ。今思ってみると人生には分岐点になる時が必ずある。そこで行動できるか出来ないかで人生が大きく変わってくる。その医師と話した後、私の正直な感想は新しい場所で新しい人生を始めることが出来たら、過敏性腸症候群の症状がよくなるかもしれないと勝手に想像した。

覚悟してあえて行動する

大学四年の時私は思い切って三年住んだアパートを引っ越して、朝から行く学校に生活習慣を変え、新しい人生をスタートさせたのです。最初は不安でしょうがなかったがいつしか症状が軽くなっているのに気づいた。

古い自分を以前住んだ家にすべて置いてきたつもりで新しい環境に飛び込んだ。このことは本当によかったと思っている。期間は一年だったが大学生活の4年間がその一年間に凝縮されたいたようだった。

そして、冒頭にもかいた内科の医師のことばをまた思い出した。「人間覚悟を決めて行動を起こすとその決めた目標以外のことをあまり考えなくなる」なので、私のような患者には何か目標が必要だったのだど今なら理解できる。もし環境を変えることができたなら、次はその環境でやっていくと覚悟を決め新しい自分でスタートしてみる。

環境を変えて新しい環境へ身を投じることは私にとってとても有効的な治療でした。何か頭がすっきりして、体から久しぶり行動したいというシグナルが出て、健康状態もいっきに良くなった。人間の生命力はすごいと初めて思った瞬間だった。

もしみなさんがしたいことなど目標にしていることがあり、過敏性腸症候群を理由にその挑戦を延期やあきらめたことがあるなら、腹痛や下痢の症状があってもあえて行動し挑戦して欲しいです

まとめ

1、環境を変えることを考えてみる

2、覚悟を決める

3、あえてやりたいことに挑戦する

-未分類

Copyright© 過敏性腸症候群に負けない生活 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.