最高の夏を過ごすために大切な3つの事

梅雨を終わり暑い夏がやって行きました。

私が一番嫌な季節は梅雨で、その次が夏です。

ナゼかと言うと、夏は腹痛を起こしやすいからです。クーラーや冷たい飲み物が欲しくなったり、ついついお腹に負担をかける生活をしてしまいます。自律神経も乱れやすくなるので、下痢や腹痛の症状が出やすくなります。

 

そこで、今回は夏を快適に過ごすために大切な3つ事を書きたいと思います。

 

①まず、冷たい飲み物は出来るだけ控える。

 

冷たい飲み物は体に負担をかけ、お腹を冷やすので下痢などの原因につながります。ジュースやビールなどが一番欲しくなる季節ですが、出来るだけ我慢をしてください。

 

我慢ができない!!と言う方には、一杯だけ、少し温度が上がるまで待つなど工夫して飲むといいかもしれません。コーラの緩いのは欲しくないと言う方には、炭酸水などが良いかもしれません。炭酸水はカロリーゼロでコーラーよりは健康に良いと思います。私は炭酸水を何年も前から飲み始めました。最初は味の無い炭酸水が苦手でしたが、慣れてしまって最近では頻繁に飲むようなりました。夏場の風呂上がりなどには、炭酸水は最高の飲み物です。

 

②クーラーは適度の温度使用。クーラーの部屋では上着を着る。そして湯船に入る。

 

夏場の1番の問題はクーラーだと思います。外と屋内の温度差は腹痛を起こす原因につながります。外の温度と屋内の温度差を出来るだけ小さくすることが腹痛を起こす予防になると思います。

 

そして、クーラーが効き過ぎた部屋では上着を着るなどして、肌が冷たい空気に触れないようにしましょう。特に二の腕や足首などを冷やさないようにして、体の熱を守りましょう。

 

夏場はシャワーだけで簡単に終わらせる人が多いですが、出来るだけ湯船に入るようにしましょう。湯船に浸かると疲れが取れやすくなるので、バブやきき湯などの入浴剤を入れてバスライフを充実させましょう。

 

③運動で汗をかく!

 

そして、毎日運動など汗をかくと自律神経が乱れにくくなり、心身ともに落ち着くことができると思います。全身の血流も良くなり、食事や睡眠の質も良くなります。

 

軽いジョギングやウォーキングなどから始めると良いかもしれません。毎日少しずつ運動を続けると体調や体型に変化が現れ、調子も変わってくると思います。