私のイリボーの飲み方②

 

1、福岡から台湾までの飛行機、そしてタクシー

この日は福岡の博多駅周辺で1泊して台湾へ戻る日でした。大体10日間の出張でした。日本は梅雨で本当にしんどく、クーラーの効いた室内と外の温度差に一時は体調を壊しそうになりましたが、なんとか風邪もひかず今回も無事に博多まで来ることが出来ました。

 

さて、博多を出発の朝、大体8時30分くらいに起床し、荷物のパッキングなどがあったので、ホテル近くのスーパーを周り、日常品などの買い物をしました。その後10時前くらいにホテル近くのうどん屋で朝食を食べました。メニューは鮭定食です!海外ではなかなか食べられないものです。量は少なめで頂きました。その後ホテルに戻り、大を済ませた後、イリボーの2.5を飲みました。この日は出張の仕事が終わったからでしょうか、開放感から体調が良く、リラックスして過ごせました。フライトは夜だったので、それまでホテルのロビーや本屋で過ごし、15時くらいに博多駅周辺でおにぎりを買って、福岡空港の国際線ターミナルにタクシーで向かいました。いつも利用するタクシー会社はMKタクシーです。とてもサービスが良く、運転手さんの言葉遣いや運転の作法は素晴らしいと思います。運転手さんの話によれば、社内の環境を良いそうで、社長の考え方や社員への対応が良いのだと感じました。車内での会話も弾みあっという間に空港に着いてしまいました。タクシーに乗っている時間は大体15分くらいで、福岡空港の便利さにいつも感謝しています。タクシーの長時間での移動は金銭的にも、肉体的にも疲れるので15分ほどで着く福岡空港は本当にありがたいことです。

 

空港に着いて、かなり時間があるので大方の時間はベンチに座ってノートパソコンを開いて仕事をするか、Kindleで本を読むかなどしています。たくさん荷物があるので、あっちこっち見てまわれませんが、数年前に比べて海外からの観光客が増えたと感じます。

 

2、チェクインから搭乗、テイクオフまで

18時45分からチェクインが始まります。今回もかなり混んでいる様子。私はいつもトイレに近い通路側の席に座るようにしています。理由はトイレに行きたくなる心配があり、出来るだけトイレに近い席にしています。たまに好きな席に座れなかったりすると不安の度合いが上がり、緊張します。

 

今回は問題無くいつも座る席(トイレに一番近い席)が取れひとまず安心しました。次にセキュリティーゲートと出国審査を無事に終え、出発ゲートやラウンジなどで休憩します。休憩中にもう一錠のイリボーを飲み、出発の30分前にはリーゼを飲みます。大体イリボー2.5を2錠分けて飲むとよほどのことがない限り、便意は起こりません。よほどのこととは、機内食や飛行機に乗る前に食べ過ぎた時や体調が悪い時などです。私はできるだけ、機内食を食べないようにしています。環境の変化に敏感な私は飛行機などの緊張してしまう場所では、簡単にお腹が痛くなったりするからです。普段から食べない時間などに物を食べると体が過敏に反応してお腹が痛くなってしまった経験が沢山あります。

 

いよいよ搭乗の時間になりました。夜のフライトは朝のフライトに比べて、落ち着いて搭乗することが出来ます。他の乗客の方も朝のフライトよりも落ち着いているように見えます。(ただの旅行疲れかもしれません…)落ち着いた雰囲気などで飛行機に乗ると便意は起きにくいです、おまけにリーゼも飲んでいるので、少し眠たくなることもあります。そしてテイクオフの時間です。私が一番緊張する時間は飛行機のドアが閉まり、テイクオフまでの時間です。なぜなら、トイレにいけない時間だからです。この時間が長くなると不安な気持ちになります。(早く飛んでくれ!!!と心中で祈っています)福岡空港はテイクオフまでの時間が早いので、そんなに緊張はしませんが、羽田などは大体40分くらいはかかりました。合計で1時間くらいはテイクオフまでかかる計算になります。そんなこんなで、今回も無事にテイクオフし、台湾へ向かいました。

 

3、台湾到着後のタクシー

無事に台湾(桃園空港)に到着して、今度は台北市までのタクシーに乗らなければなりません。もう少し早い時間であれば、地下鉄や新幹線で自宅まで変えることができるのですが、夜遅く台湾に到着した場合は、タクシーで帰る方法しかありません。毎回同じ人を予約しているので、変な運転手に当たることはないです。台湾ではすごくスピードを出す運転手がいるので、トイレの心配より命の心配の方が大きくなります(苦笑)。

 

タクシーに乗る前は念入りにトイレに行きます。自宅までは大体40分ですが、ここでも不安感や緊張感に襲われます。乗り物の移動は本当にしんどいです… 台湾の温度は日本より高く、湿気も結構高いです。一番違う点は、クーラーの掛け方がすごいです。どこの店に言ってもクーラーがキンキンに冷えています。必ず薄い上着を持って歩いています。もちろん車内もクーラーがガンガン効いています。クーラーの効きすぎに何回もお腹をやられ、痛い目にあった経験が何回もあります。

 

こんな時は運転手さんに話しかけ、何とか気をそらすようにしています。もうリーゼは飲めません(1日に一錠だけと決めているため)

 

 

やっと台北市内の自宅に着きました。いつ午前0時をまわっています。心配や不安などの精神的な疲れの方が多いかもしれません。家についたらシャワーを浴び、ベットで爆睡です(笑)。

私のイリボーの飲み方について

1、出張の必需品

最近は出張が多いので、その度にイリボーを飲んでいます。長距離の移動の時は必ずイリボーは必需品になっております。

今回は中国へ出張して、3泊4日の出張でした。イリボーを使用したのは2回で1日に2.5μgを2錠飲みました。1日目は飛行機に乗る前に飲み、3日目の工場に行くときにも飲みました。3日目は車での移動で、行きはホテルから工場までは約2時間、帰りは渋滞などがあるため工場からホテルまで約3時間は掛かります。(結構座っている状態はきついです)

 

2、イリボーの効き目と副作用

3日目の工場に行く朝、起床は午前7時20分、まず朝から白湯をカップの三分の一飲み、その後ホテルの朝食を食べに行きました。朝食は普段から食べないので、紅茶をカップ半分だけ頂きました。その後自分の部屋に戻り、いつも食べているピーナッツ入りのチョコレートを二つ食べて(直径3cmくらいの大きさ)、10分後にイリボーの2.5μgを一錠飲んで工場へ向かいました。いつもこの工場へ向かう時間は、大ではなく小の方に行きたくなるのが多くて、こちらの方も対策が必要です。中国の高速道路でもサービスエリアはあるのですが、ホテルから最初のサービスエリアまでは大体1時間くらいで、結構我慢するのが辛い時があります。

 

肝心のイリボーの効き目ですが、朝食を必要最小限で抑えて、イリボーを飲むと私の場合は結構効きます。今回も一度もトイレに行きたくなる事もなく(大の方はですが…)、無事に工場に着きました。大体3時間は大丈夫でした。サービスエリアも1回止まってもらいました。昼ごはんも普通に頂き、大体の昼ごはんから2時間経って、一通りお腹が落ち着いたら、帰りに備えて再びイリボーを飲みました。

帰り道も少し不安な気持ちになりましたが(帰りの車でリーゼを飲みました)、無事にホテルに帰ってこれました。無事にホテルについた時に安堵感はなんとも言えない気持ちです。毎回この移動の時間は緊張しているので、ホテルに帰ると疲れがどっと出た感じになります。

副作用

副作用ですが、私の場合翌日に便秘になり、その日は殆どトイレに行きたくなりません。少しお腹が窮屈な感じになりますが、2日後には普通通り戻るので心配はいらないと思います。

 

イリボーを飲んだ時は、少し多めに水分を摂っておおいた方がいいと思います。もちろん個人差はありますので、一つの例として参考にしてみてください。

コロネル

コロネル

この薬は腸内の水分をコントロールしてくれるお薬です。下痢型や便秘型に有効で私は梅雨や夏場におせわになっています。私にとって梅雨と夏場は一年の中で一番きつい時期なので、このくすりを服用することは多くなってきます。

http://www.rad-ar.or.jp/siori/kekka.cgi?n=8093

(くすりのしおりさんからお借りしました)

服用の際には必ず医師に相談してください

セレキノン

セレキノン

この薬は病院の処方箋でも出してもらえるし、市販薬としてもドラックストアーでも購入することができる。

セレキノン100mg

http://www.rad-ar.or.jp/siori/kekka.cgi?n=12532

(くすりのしおりさんからお借りしました)

私も十年以上前から服用している。毎日は飲んでないが、医師のすすめで飛行機に乗る三日前から服用を始める。出張の為に飛行機に乗るのは本当に緊張するので、セレキノンは調子を整える為に服用している。

下痢の時は下痢を和らげてくれ、便秘気味の時は便通を整えてくれる下痢型や便秘型向けのおくすりです。

私は特に梅雨の時期などには調子が悪くなるので、服用することが多くなるのですが、調子を大きく崩した時も飲んでいいと言われたので服用するようにしています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第1類医薬品】セレキノンS(セルフメディケーション税制対象)(20錠)
価格:1922円(税込、送料別) (2019/5/13時点)

楽天で購入

 

服用の際には医師や薬剤師にご相談ください

過敏性腸症候群に負けない対策〜その2

病院からもらえる薬を使う

リーゼ5mg

リーゼは不安や緊張を和らげてくれる薬です。心身症の治療に用いるお薬ですが、消化器疾患にも効果的であると思います。私も外出の際やどうしても緊張や不安が強い時は服用しております。普通の内科でも処方してくれます。

服用の際には医師にご相談ください。

(参考リンク)

http://www.rad-ar.or.jp/siori/kekka.cgi?n=8167

(くすりのしおりさんよりお借りしました。ありがとうございます。)

 

私の場合はこの薬に大分助けられています。特に乗り物に乗る時、長時間トイレに行けない場合などの不安や緊張を少し和らげてくれます。朝飲むと少し眠たくなりますが、移動時不安を考えると飲んで外出した方が良いと思います。運転する方は危険ですので飲むのは控えて下さい。

過敏性腸症候群に負けない対策〜その1

病院からもらえる薬を使う

イリボー

8年前勤務先から近い胃腸内科を受診した際にイリボーを処方された。ドクターが言うには、過敏性腸症候群下痢型にはすごく効く薬だそうで最初に2週間分処方してもらった。

その当時からイリボーを飲むと軽い便秘とお腹の張りが感じられた。(最初はイリボー5μgを飲んでいた)私の仕事は出張が多かったため飛行機に乗る時だけに飲むようにしていました(頓服で使用)。5μgから2.5μgに変えてもらい今でも使用しています。翌日に便秘の症状が出るため、使用する際はかならず午前中に飲むようにしています。最初に2.5μgを飲み、もし足りない場合はもう一錠飲むように、出来るだけ体への負担を減らすようにしています。

あと、使用後の夜には水分を多く取る事も合わせてやっています。効果としては私の症状を和らげるためには必要な薬の一つです。頻繁には使用しませんが効果は高いと思います。

念のために使用の際には下記のサイトやお医者さんにご相談してください。

(参考リンク)

http://www.rad-ar.or.jp/siori/kekka.cgi?n=13937

(くすりのしおうさんからお借りしました。ありがとうございます。)

効果と注意

効果は高いと思います。ですが、効果があるのは下痢型だけだと思います。便秘型やガスが溜まりやすい型には向きません。

女性がイリボーを使用する場合は注意が必要です。かならず医師に相談して下さい。

腹巻をする

冷えは本当に過敏性腸症候群下痢型には天敵です。漢方などでおなじみの東洋医学では『冷えは万病のもと』言われているように、冷えを抑える事ができれば下痢型の症状を和らげる事が出来ます。そこで私が取った方法は腹巻をする事、冬はもちろんですが夏も腹巻をしています。

オススメはやはりシルク素材。夏場は少し暑く感じるので通気性などを考慮して薄手のシルクやコットンが良いと思います。

 

オシャレなデザインもあるので気軽に始められます。

 

 

おそらく腹巻を使用するとお腹から冷えが少なくなると思います。症状が和らぐ実感がでると思います。もし冷えがひどい場合はカイロを腹巻の中に入れるとすごく気持ちがいいです。(くれぐれも火傷に注意して使用して下さい)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カイロ/桐灰 ハンドウォーマー 箱入り(30コ入)【桐灰カイロ】
価格:1346円(税込、送料別) (2019/4/30時点)

楽天で購入

 

 

腹巻にカイロは夏場でもかなり有効です。クーラーの部屋などで体が冷えずにすみますし、腹痛などを起こしにくくなります。私は夏場でも外出の際も寝る時も着用しています。今では腹巻が体一部のようになりました(笑)。